VPSサーバーを比較してみました!

はじめに

初めてVPSサーバーを借りようと思ったとき、あまりにもたくさんのサーバーがあって驚きました。
各VPSサーバーにはさらに4~10種類くらいのプランがあります。

「結局のところ、どのサーバーのどんなプランが一番いいのか?」

それぞれの特徴や違い、細かなスペックをすべて調べるのは大変でした…。

このサイトでは、16社のVPSサーバーのすべてのプラン(全部で141プラン)を調べてまとめています。
これからVPSを借りる方も、すでに借りた方も、ぜひ参考にしてみてください。

比較一覧表はこちらですよ

おすすめVPSランキング

ランキング1位お名前.COM VPS 1GBプラン

お名前.com VPSは月額940円でメモリ1GB,CPU2コアから
月額 940円/月
KVMなら全プラン初期費用ゼロ!
初期費用 KVMなら0円、VZなら5,250円
HDD容量 100GB~1TB
メモリ 1GB~16GB
CPU 2コア~10コア
OS 標準はCentOS(ISOファイルをアップロードすればどんなOSでも!)
回線速度 100Mbps共用
仮想化エンジン KVM、OpenVZ(virtuozzo)

940円でOSから自由にインストール!

お名前.com VPS(KVM)の最大の特徴は、何と言っても自分の好きなOSを好き勝手にインストールできる点でしょう。
スペックもランキング上位の他のVPSより高いですし、swapも使えます。

またVPS(VZ)プランの場合、初期状態でApacheが使えます。PHPやPerl,Ruby,Python,MySQL,PostgreSQLも設定済みなので、すぐに動かせます。

将来的にIP追加も検討中(2013.9月現在)とのことなので、さらに期待がかかりますね。

無料転職サポートの詳細ページへ

ランキング2位さくらのVPS 1GBプラン

さくらインターネットは月額980円
月額 980円/月
SSDも使えて、データセンターも選べる!
初期費用 0~3,680円
HDD容量 100~800GB
メモリ 1~8GB
CPU 2~6コア
OS 標準CentOS(Scientific Linux, Ubuntu, FreeBSD, Debian, Fedoraから選択可能)
回線速度 100Mbps共用
仮想化エンジン KVM

VPSの王道!シンプル=ベスト!

共用レンタルサーバーでも根強い人気のサクラですが、やはりVPSでも人気が高いですね。

シンプルで使いやすい管理画面や、余計なインストールがされていない純粋さが魅力。VPSの王道とも言えると思います。最低1つは持っておきたいVPSですね。
特にサーバーを構築していく楽しさを味わいたい方にオススメです。(逆に構築したくない方は他社の方がいいかもです)

活発なユーザーが多く、ネット上に情報が多いので、トラブルがあった時に助かります。運用していくと見知らぬブログに助けられることが多いので、情報量はかなり大事ですよ~♪

無料転職サポートの詳細ページへ

ランキング3位GMOクラウドのVPS マイクロ

GMOクラウドのVPSは月額980円
月額 980円/月
スペックの割に安い!
初期費用 0~19,800円
HDD容量 100~800GB
メモリ 2~12GB
CPU 3~7コア
OS 標準CentOS(Debian, Ubuntu,ClodLinux, WindowsServerから選択可能)
回線速度 100Mbps共用
仮想化エンジン KVM

即戦力!即使えるパッケージが魅力!

気の利いているサービス展開ではGMOクラウドVPSが一番だと思います。

特にパッケージの選択が多く、契約時に希望するだけでPleskやLAMPP、JAVA,RubyOnRailsなどが選択できます。これから構築したいシステムの開発環境がインストールされた状態から始められるのは便利ですね!

また、PleskにはCMSやwiki、ショッピングカートなど330種類ものアプリがパッケージされているので、サービス公開までの期間を大幅に短縮できます!

無料転職サポートの詳細ページへ

新着記事

VPS選びはメモリーに注意!

【保存版】最強に自由度の高いVPSサーバーを141種類比較してみた

これで正解!VPSサーバーの借り方

VPSサーバーって、何それ?おいしいの?